(激)キャピシルの作用

キャピシル配合の育毛剤は頭皮の細胞を修復する!?

 

最近、キャピシルという成分が育毛業界でも注目されるようになりました。

キャピシルは、アカツメクサ花エキスという植物由来の成分とアセチルテトラペプチドという成分を合わせてできたものです。

キャピシルはAGA(男性型脱毛症)に効果を発揮する成分で、男性ホルモンの分泌を抑えて、ヘアサイクルの正常化を促進します。

近年では育毛剤の成分として使用されることが多くなってきています。

 

 

キャピシルと他の成分の違い

キャピシルと他の成分との決定的な違いは、副作用が極めて少ないところにあります。

今でも、AGAに効果が強いと言われるミノキシジルは元々はAGAの薬として開発されたわけではなく高血圧症の方の血圧を下げるために開発された薬なので服用し続けると副作用に苦しむことになりかねません。

他の育毛成分にしても毛髪だけに作用するのではなく、体中の体毛に作用し使用し続けると同時にヒゲなども濃くなってしまうという副作用も報告されています。

このキャピシルは副作用が極めて少ない上に血管を広げて発毛を促すミノキシジルの3倍の効果を発揮すると言われています。また、キャピシルは細胞修復作用を持つ成分でもあり、医学界でも注目を集めています。頭皮細胞にも作用することが研究の結果わかった為、育毛剤にも用いられるようになりました。

 

副作用のない育毛剤はコチラ

 

コメントは受け付けていません。