副作用で悲しい結末に?

育毛剤の副作用で悲しい結末に?

 

副作用のある育毛剤や育毛薬は場合によって悲しい結末を引き起こす原因になります。

 

最近では少なくなりましたが、育毛剤を使っていると頭皮ではなく、体の内面に違和感を感じたことはありませんか?
私は今頃になって「あれが、副作用だったのかぁ」と感じます。育毛剤の副作用で頭皮に痒みやブツブツができたこと以外に倦怠感や、ものごとをやる気がなくなることがありました。これが副作用の「鬱」症状だったのだと感じます。

私の場合は、頭皮の異常で当時使っていた育毛剤はやめましたが、あのまま使っていたらと思うと恐ろしくなります。

さて、副作用の症状が出る成分を含んだ育毛剤を使い続けるとどうなるのでしょうか?
気になったので調べてみました。

 

副作用が現れる育毛剤を使い続けたら?

一般に副作用が出るかもしれないと言われる育毛剤に含まれる成分はミノキシジルです。
私もこの成分が含まれた育毛剤をしつこく使っていました。100%副作用が現れるわけではないようですが、私は痒みや発疹に悩まされたため、これは実証済みです。

私は頭皮の異常を理由に使用をやめましたが、これは、あくまでも都市伝説的な話ですが、ミノキシジルを使い続けると効果が薄くなるという噂があります。医師が認めているのはミノキシジルは、効果が薄れることはないが、使い続けないと効果も持続しないそうです。

 

他にも、プロペシアという薬がありますが、これにも副作用が現れます。しかもかなり注意が必要な薬です。
なぜなら、この薬は妊娠中の女性にとってはかなり危険なのです。妊娠中の女性がプロペシアに触れるだけでも成分が体内に吸収されてしまします。プロペシアは胎児に影響を与える危険な薬なのです。
この薬は胎児危険度という指標の最高ランクに分類されています。ネットなどでプロペシアを購入するときちんとした注意がなされていないこともあるので、注意が必要です。悲しい結末を迎えることにもなりかねないので可能性がある人の使用は控えた方がよさようですね。

 

副作用のない育毛剤はコチラ
 

コメントは受け付けていません。