ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの入った育毛剤の副作用は内臓に響く!?

ミノキシジルは育毛剤やAGAクリニックなどで治療薬として使用されていますが、副作用の報告が度々きかれているのを御存じですか?ミノキシジルは外用薬と経口薬とがあって、外用薬は、薬局などで買うことができます。ミノキシジルは血管を広げて、血流を良くするので容易に発毛を促すことができます。

でも、AGAというものは進行性なのでミノキシジルやプロペシアなどを薬飲み続けなければ効果は持続しません。
早くても2、3か月ほどたたないと、効果を得ることができませんし、毎日忘れずに使用することが大切になります。そのためミノキシジルは比較的副作用の少ない薬と言われていますが、長期間服用することで様々な症状が出ることがあります。

 

 

ミノキシジルの主な副作用

ミノキシジルを長期にわたって使用し続けると以下のような副作用がのリスクがあります。

頭痛 眠気 めまい 性欲減退

肌荒れ 腹痛 多毛症

下痢 便秘 低血圧 動悸

などがあります。同じAGAの治療薬であるプロペシアに比べて副作用は軽いですが、性欲減退や性機能不全になることがあります。低血圧に関しては、ミノキシジルはもともとは血圧を下げる薬なので、血圧がさほど高くない人が使用すると、目まいなどで倒れてしまうこともあります。心臓に持病を抱える方などは使用を避けた方が良さそうです。

 

また、ミノキシジルは血管を拡張して血液の流れを良くしますが、これは全身に作用するので体中の体毛が濃くなり多毛症の症状が出ることが多いです。多毛症は女性にとってはちょっとキツイ副作用ですね。ちなみにミノキシジルは、育毛剤のタイプではなくタブレットタイプのほうが副作用が出やすいといわれています。

 

これらの副作用は薬の服用を中止することで治まりますが、中止するとAGAは進行していってしまうので、副作用を良く理解して使用することが大切ですね。

 

育毛剤(外用薬)としてミノキシジルを利用する場合、頭皮に振りかけるため、頭皮に傷や吹き出物、湿疹ができていると、それらを悪化させてしまうことがあるので、必ず頭皮の様子を確認し、湿疹などがある場合は完治してから使用するようにしないと逆に悪化してしまう恐れがあります。

副作用のない育毛剤はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です