プロペシアの副作用

プロペシアの副作用に気づいた時はすでに遅い?

男性型脱毛症を改善させる効果が高いプロペシアという薬があります。これは、直接頭皮に塗布する育毛剤ではなく、内服する薬です。その有効成分であるフィナステリドは海外で前立腺肥大の症状を緩和するために作られた薬であって、その他に副作用として、毛髪の抜け毛の進行が止まるといった効果もあらわれたことがきっかっけで、抜け毛の特効薬として研究、使用されるようになりました。ただし薬である以上はの副作用が現れる確率があるので、服用する際にはそれらのリスクを受け入れる必要があります

プロペシアの副作用とは?

まず挙げられる副作用には性欲減退や勃起不全というものがあり、性生活を考えるうえでは注意しなければならず、この副作用は同じAGA治療に使用されるミノキシジルよりも強いとされています。

しかしそれよりも深刻な副作用も存在し、肝機能障害も少数ですが報告されているのです。肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ病気がなかなか見つからない部位ですが、自覚症状があらわれてしまった場合かなり進行していることがほとんどですから、プロペシアを服用する際には定期的に肝臓をモニターするようなことが望ましいです。

また、めまいや鬱症状も少数ではありますが報告もあります。

プロペシアは男性向けの治療薬ですから基本的には成人男性のみが使用することを前提としています。未成年でもまれに薄毛が進行している方もいますが、安全性が確認されているわけではないので基本

的に処方されることはありません。そして注意しなければならないのはパートナーで、妊娠中の女性がプロペシアに触れるだけでも体内に摂取されてしまいます。そうなるとお腹の中の赤ちゃんに悪影響があるので取り扱いには絶対の注意が必要です。

 

副作用のない育毛剤はコチラ

コメントは受け付けていません。