アルコールの副作用はない!?

アルコール入りの育毛剤には副作用の危険がない?

多くの人が副作用のない育毛剤の情報を発信していますが、育毛剤の成分の表記をよく確認してみて下さいね。副作用のない無添加の育毛剤といってもエタノールと表記してあるものがよくあります。

エタノールとはまさに、アルコールです。

アルコールの入った育毛剤が頭皮に及ぼす副作用は、主に乾燥や肌荒れが考えられますが、「頭皮が乾燥して肌荒れがひどい!」といった感想はほとんど聞いたことがありません。

育毛剤に入っているアルコールは本当に副作用を引き起こすのでしょうか?
調べてみると、意外なことがわかりました。

育毛剤のアルコールはメリットの方が大きかった!!

 

一見、「頭皮にアルコールを塗るなんて・・・」
と思ってしまいますが、アルコール(エタノール)を入れることに大きなメリットがあることがわかりました。

☑ 頭皮の雑菌の繁殖を防ぐ殺菌作用

☑ 皮脂をとって育毛剤の浸透を助ける

☑ 育毛剤の成分を混ざりやすくする

☑ 育毛剤の使用期限を延ばしている

 

以上のようなメリットが見つかりましたが、僕には「頭皮の乾燥は防げるの?」という疑問が残りました。
実際に、使ってみるにもコストがかかってしまうので、メーカーに直接電話して聞いてみることにしました。すると納得の答えが返ってきたのです。

最近の副作用のない育毛剤に配合されているM-034という成分は、海藻エキスでありながらも、保湿成分が強くてアルコールの乾燥を防いでくれるんだそうです。これで、肌が弱いはずの僕がなにごともなく使い続けられる理由がわかりました。

また、M-034という成分は今AGAに一番効果を発揮すると言われるミノキシジルと同等の効果を発揮すると言われている成分ということがわかりました。

信頼のおける、副作用のない育毛剤を販売する会社はどこの会社も、丁寧な説明をしてくれますが、製品の説明がなんだかおかしい会社はそれほど製品に自信が持てない為、欲しい答えが返ってきません。購入を検討されるかたは、電話でしっかり製品の説明を聞いてから購入したほうが確実です。

 

副作用のない育毛剤はコチラ
 

コメントは受け付けていません。