副作用のない育毛剤を選ぶ

育毛剤の副作用なんか無視しても大丈夫ですよ!

当サイトの管理人をしていますフジと申します。

僕は30代になってから急激に頭のてっぺん(頭頂部)が薄くなってきました。
すぐに育毛剤のことを調べましたが、副作用があることが気になってなかなか育毛剤を選定することができませんでした。

このサイトに訪れる方も同じような経験がないですか?

育毛剤の副作用でもしかして「薄毛が加速するんじゃないかな!?」
「肌が弱いんだけど大丈夫かな!?」 「体調が悪くならないかな!?」
「効果が出なかったらどうしよう!?」

そんな、悩みってないですか?

大丈夫です!安心してください。

今は、人体に影響のない無添加で副作用のない育毛剤はあります。

副作用がない上に認定毛髪診断士のサポートまでついているものもあって購入前にフリーダイヤルの電話相談ができるので、不安要素をすべてとり除いてから安心して使うことができます。さらに、自分に合わないと感じてもほとんどのものに全額返金保証がついているので全くリスクなく使うことができます。

副作用のない安全な育毛剤ランキング

  1. チャップアップ(CHAPUP)

    チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

    価格 5.0
    使用感 5.0
    満足 5.0
    価格:
    7,400円(税込)
    容量:
    120ml

    ☑ AGA予防成分8種類配合

    ☑ 発毛成分M-034配合

    ☑ 無添加無香料による安全性の高さ

    ☑ パラベンやシリコン、石油系界面活性剤などの副作用の危険がある成分なし

    ☑ 厚生労働省からの認可あり

    ☑ 30日間返金保証あり

    発毛成分M-034は、北海道のミツイシコンブから抽出したもので、ミノキシジルと同レベルの効果を期待できるとも言われています。男性の薄毛の90%以上を占める症状にしっかりとアプロ―チします。

    >チャップアップの詳細はコチラ


  2. 無添加育毛剤 イクオス

    無添加育毛剤イクオス

    価格 4.5
    使用感 5.0
    満足 5.0
    価格:
    8,980円(税別)
    容量:
    120ml

    ☑ 配合成分数61種類

    ☑ Algas-2(アルガス-2)配合
     M-034をパワーアップした世界初のスカルプ成分で、キャピキシルを超えているとも!

    ☑ 低分子ナノ水の使用
    配合成分を内部にまでしっかり届けるために、低分子ナノ水を使用しており、毛乳頭や毛母細胞まで確実に浸透させます。

    ☑ 45日間の全額返金保証付き

    ☑ 購入後の相談に対応

    リニューアルを機に、進化を遂げ育毛成分が62種類に増えたイクオスは、使用開始から発毛を実感できるまでが、他の育毛剤に比べて速いというデータが出ています。

    >イクオスの詳細はコチラ


  3. THE SCALP 5.0C

    THE SCALP 5.0C

    価格 4.0
    使用感 5.0
    満足 5.0
    価格:
    1,5000円(税込)
    容量:
    80ml

    ☑ キャピキシル5%配合
    ミノキシジルの3倍の効果を期待できると言われている成分で、AGA予防と頭皮環境の正常化、毛包の修復など複数の育毛作用を発揮します。

    ☑ 驚異の浸透力
    毛穴の2万5000分の1と極小サイズのナノコロイドを採用しており、有効成分を毛根の内部にまで浸透させます。

    ☑ 発酵熟成プラセンタエキス配合
    原料をはるかに上回る有用性を発揮するプラセンタエキスを配合していることは、他には見られないオリジナルの特徴です。

    ☑ 60日間返金保証制度付き

    ☑ 配送時の商品名記載なし

    ザ・スカルプ5.0Cは、モンドセレクションで2年連続金賞を受賞している商品で、価格はやや高く設定されていますが品質の高さは証明されています。初回半額キャンペーンという魅力的なサービスも実施しており、お試し感覚で購入できるのも魅力です。

    THE SCALP 5.0cの詳細はコチラ


副作用は育毛剤だけに現れるものではない!

 

育毛剤の副作用を気にする人はたくさんいますが、育毛剤の副作用にばかり気持ちがいって、自身の生活習慣が疎かになっていませんか?育毛剤の副作用ではなく、生活習慣の副作用が頭皮に出る場合もかなり多いです。悪い生活習慣を改善しない限りはどんなに効果の高い安全な育毛剤を使用したとしても効果は得られないでしょうね。

生活習慣による副作用とは?

 

 食生活の乱れ

現代の日本では、食事の欧米化によってコレステロール等の高い食品を食べることが多くなっています。こうなると、中性脂肪などが増えて頭皮の血管を詰まらせる原因になります。これを続けると薄毛や抜け毛に繋がるというわけです。好きなものばかり食べることそのものが副作用となっていくのです。バランスの良い食事に気を付けましょう。

 

 睡眠不足

人間の髪の毛はいつ伸びると思いますか?もちろん寝ているときに育ちますよね?
現代人は、昔に比べると睡眠時間が少ないと言われています。意外と薄毛で悩む方って、睡眠時間が3、4時間の方が多いんです。かといって昼間に睡眠をとることもほとんど意味がないそうです。人間には成長や回復の時間帯(ゴールデンタイム)があり、22時から2時までのが最も適切な時間と言われていますが、成長ホルモンの分泌は睡眠の直後から3時間が最も多く分泌されます。そのため、睡眠時間を削る行為が副作用となっていくのです。

 

 喫煙(たばこ)

 「百害あって一利なし」と言われるとおり、喫煙にはリスクしかありません。タバコが育毛に及ぼす最大のデメリットは、ニコチンによる血管の収縮です。頭皮の血管が収縮すると、髪の毛に栄養が行き届かなくなり次第に髪の毛はコシがなくなり細くなっていきます。その結果頭皮がどんどん透けて薄毛となっていくのです。喫煙をするとニコチンによって満足感を得ることができますが、その反面身体には副作用が出るのです。

 

育毛剤の主な副作用

 

 

性機能の低下

男性の薄毛は、ホルモンの働きと関係しているので、この部分へのアプローチにより進行を防ぐことが可能です。ただし、一方で性機能へのサポートも阻害されてしまうので、精子数の減少や勃起不全などが発生するリスクも高くなります。

 

 

むくみや動悸

現在の育毛剤の中で最も強力な発毛作用を発揮するのは、ミノキシジルという成分を配合したものです。この成分は血管拡張剤として開発されたもので、頭皮の血液循環を効率的に活性化すると考えられています。

しかし、これにより血液の流れが頭部に集中するので、他の部位にいきわたらなくなり、手足などの末端にむくみが発生します。また、血圧が急激に変動することにより、動悸やめまいなども起こりやすくなります。

 

 

頭皮の炎症やかぶれ

育毛剤の中には、開封後の品質を保持するために、防腐剤やアルコールなどの添加物を配合しているものがあります。これらは、頭皮に負担をかけてしまうので、炎症やかぶれなどを引き起こす原因となります。

育毛剤の副作用の大部分は、配合している成分や添加物が原因で引き起こされます。このために、天然由来の成分を配合している無添加の商品を選択することにより、リスクを最小限度に抑えることが出来ます。

 

コメントは受け付けていません。